忍者ブログ

心に大宇宙☆

ENDLICHERI☆ENDLICHERI 堂本剛さんの応援ブログ☆基本ジャニ好きの独り言!
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

10/23/11:15  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

08/25/12:39  北京五輪、これで書き納め

昨日、北京五輪が閉幕した。
昨夜9時は、TOKIOの番組で松山ケンイチさん、
紳助兄やんの番組では亀田興毅選手が出ていて、
バラエティーではめったに観れない顔ぶれだったので、
五輪閉会式を気にしつつ、チャンネルをザッピング~しながら観ていた。

北京五輪、本当に熱い17日間だったな~。
日本選手団の皆さま、お疲れ様でした!
そして、たくさんの感動をありがとうございます!
己の記録を塗り替え、世界の頂点に立てた選手
力の限り戦っても世界の壁をぶち破ることができなかった選手
故障に苦しみ、悔し涙を飲んだ選手
いろんな戦いがあったけど、結果がどうであれ、
北京五輪では、人間の一番美しい姿を魅せてもらった。
五輪に向けて、厳しい練習を積み、血の滲むような努力をしてきた選手たちが、
苦しかった4年間の想いよりも、支えてきてくれた方々に感謝の気持ちを
述べていることにとても感動した。
自分ひとりで残した結果ではなく、コーチ、仲間、家族、友人、
そして、テレビで応援してくれてるファンの皆さんのおかげで
ここまで来れたという謙虚な気持ちがスポーツマンらしくて、
そういった数々のコメントにも感動をもらい泣いたな~。
「勝ってもおごるな、負けても腐るな」という精神が素晴らしかった。
やっぱりメダルへの期待がかかるだけに、プレッシャーは付きまとうし、
プレッシャーと闘っていくのがアスリートの使命かもしれないけど、
報道陣が、メダル、メダルと煽りすぎな面はあると思う。
毎日、メダルが何個獲れたとか、アテネ五輪より少ないと報道するのも
どうなんだろ~と思って観ていた。
メダルだけで評価せず、この4年間の頑張りに
もっと目を向けるべきなんじゃないかな~って思う。
日本のレベルが進化するということは、世界のレベルも同じように進化している。
その中で、ベストを尽くして戦った選手たちの健闘を称える方が
先なんじゃないかな。
スポーツを通して、生きることの素晴らしさ、感動、チャレンジ精神・・・
いろんなものを学ばせてもらった。
本当にありがとう!
この感動は忘れません。

昨日、北京五輪の総集編が放送していた。
番組の中で、女子棒高跳び金メダル女王のイシンバエワ選手と
明石家さんまさんの対談があった。
イシンバエワ選手は、金メダルを獲得しただけに留まらず、
五輪でも、5m05cmという世界記録を更新する跳躍も魅せてくれた。
しかし、前人未踏の世界記録を跳んだイシンバエワ選手は、
練習では最高で4m80cmしか跳ばないと聞いて驚いた。
普段、5mにも満たない高さしか跳ばない選手が、
本番で5m超えの記録を出してしまうのって、神業としか言いようがないね。
イシンバエワ選手曰く、練習と試合とではモチベーションが全然違い、
練習ではアドレナリンが出ないので、試合の1発勝負で跳ぶらしいです。
そして、イシンバエワ選手が跳躍の待機中に頭からタオルを被っているのは、
瞑想してエネルギーを溜めているのだそうです。
一跳入魂の集中力は、半端ね~。
正真正銘、強いアスリートだと思った。
ちなみに、イシンバエワ選手の腹筋は、8packなんだって~。
男性でも、なかなか極められない8分割ですか~こちらも半端ね~。

そして番組終盤には柔道 谷選手も出演されていて、
今後の動向については、ロンドン五輪を目指すと誓ってくれた。
「可能性がある限りチャレンジしたい」という言葉に、
私自身も勇気をもらった。
戦うママアスリートは、やっぱり強い。
よっしゃ~これからも谷選手を応援するで~。
アスリートとしては、まだまだ半人前の私も刺激を受けて頑張ります。




さて、最後になったけど、
男子マラソン 尾方選手、佐藤選手 本当にお疲れ様でした。
最後まで自分の走りに徹してゴールした姿が素晴らしかった。
大崎選手の故障により、相当なプレッシャーがあったと思うけど、
それに負けず走りぬいた2選手の健闘を称えたいと思う。
PR

08/23/21:14  銅メダル獲ったど~!

北京五輪14日目

昨日の男子400mリレーは、見事な走りで銅メダルを獲得した!
塚原選手、末続選手、高平選手、朝原選手、おめでとうございます!
そして、本当にお疲れ様でした!
アンカーの朝原選手が、走り出しで2位に付けたので、
このまま走り切って何とかゴールして欲しいと必死で祈っていた。
朝原選手が、最後の五輪でメダルを獲得できて良かった~。
本当に素晴らしいチームワークで獲得した銅メダルは日本の誇りだと思う。
やっと緊張感から開放された4選手は、すごくいい表情をしていた。
ゴール直後、最高の笑顔でハグし合う姿には泣けたな~。
そして、観客席で応援していた為末選手が泣いてる姿にも、
胸に込み上げるものがあり、感動しっぱなしだった。

今回は、中国期待の劉翔選手が棄権してしまったのは衝撃だったけど、
アジア勢は、これからどんどん進化していけると思う。
さらに進化して、上位を狙える選手が出てくれば、
陸上がもっと面白い戦いになるだろうな~。
しかし、劉翔選手は不運としか言いようがない。
地元中国での五輪、しかも国をあげての金メダルへの期待は、
すさまじい程のプレッシャーだったと思う。
集中的な期待が劉翔選手に注がれ、
そのプレッシャーに身体が付いて行かなくなり、
古傷を傷める結果になってしまったんだろうな。
確かに、ホームでの戦いが観たかった気持ちは分かるけど、
それを叩く中国の国民性が恐ろしや~くわばら、くわばら・・・。

明日は、ついに北京五輪ファイナルの男子マラソンが行われる。
しかし先ほど、ニュースで大崎選手が欠場だと知った。
詳しい情報はまだないけど、女子マラソンに続き、非常事態にびっくりしてる。
レース前日に、尾方選手、佐藤選手には相当なプレッシャーがかかると
思うけど、メダルのことは考えず、自分のレースに徹して走り抜いて欲しいと思う。
ガンバレ、ニッポン!

08/22/13:29  上野投手に感動!

北京五輪13日目

昨日は、女子ソフトボールの金メダルに泣いた~!
ソフトボールの試合で、こんなに感動したのは初めてだった。
強豪アメリカを目の前にして、
絶対、諦めないという強い闘志を見せてもらった。
準決勝から、3連投投げぬいた上野投手は、最高にカッコ良かった。
金メダルが決まった瞬間の選手たちの姿には泣いたけど、
解説の宇津木さんが、大興奮で号泣してるのを聞いて、
さらに感動の涙がこみ上げてきた。
まだ、競技は残ってるけど、ずっと五輪を観てきて、
やっぱり、女性の方が土壇場で底力を発揮する強さを持ってるな~と感じた。

男子400リレー(塚原選手、末続選手、高平選手、朝原選手)は、
無事に予選を通過し、今夜の決勝に力が入る。
8チーム中、4チームがバトンを落とすというミスを犯し、
日本チームは、見事に上位3位で予選通過となった。
朝原選手は、この五輪で陸上生活最後のレースになる。
もうこれで最後・・・足が壊れてもいいというくらいの勢いで、
思いっきり力を出し切って欲しいと思う。
今朝のニュースでは、”棚ぼた”でメダル圏内が見えてきたと報道されていたが、
日本チームは、バトンの受け渡しに命をかけて練習してきたので、
こういう報道は、何だか納得いかないな~って感じがする。
正確なバトンの受け渡しも実力のうちだと思う。
アメリカなどの強豪チームは、個人種目に重点を置いてるので、
リレーでのバトン渡しで、練習の差を見せて欲しい。
しかし、アメリカチーム(タイソン・ゲイ選手)がバトンの受け渡しで
ミスをするとはまさかの事態だった。
ゲイ選手は、個人種目でもメダルを逃し、去年の世界陸上での3冠王が
無冠のまま北京五輪を終えることになるとは、本当に予想外の出来事だった。
ゲイ選手は、五輪直前の故障に苦しみ、ベストな状態で五輪に
挑むことができなかった。
新星ボルト選手の存在も、大きなプレッシャーになったと思う。
どんなに強靭な選手でも、トップを走り続けることは、
とてつもなく大変なことなんだな。

女子200m決勝 
ベロニカ・キャンベル・ブラウン選手vsアリソン・フェリックス選手
の戦いは燃えたな~。
私的には、ジャマイカ勢を応援してるので、
キャンベル選手の金メダルには喜んだ。
キャンベル選手は、男性並みに身体つきもガッシリしていて、
女性でもここまで鍛え上げられてると注目してしまう。
弾丸ランナーの気迫は、マジですごかった。
ゴール直後、アリソン選手とキャンベル選手が健闘を称え合ってる姿には、
じぃ~んと来た。
同じ土俵で戦ったライバル同士の、こういった場面が見れるのも、
スポーツの醍醐味である。
 
今夜は、男子400mリレー決勝が楽しみ。
頑張れ、ニッポン!

08/21/21:36  世界最速男に感動!

北京五輪12日目

燃えに燃えた五輪も、いよいよ終盤!
昨夜は、男子200m決勝でウサイン・ボルト選手の
ぶっちぎりの走りに鳥肌が立った。
世界新記録19.30秒での2冠制覇は、マジですごい。
1996年にマイケル・ジョンソン選手が19.32秒という世界記録を出して以来、
12年間、誰も破ることができなかった記録を
軽~く超えてしまったというのは、本当にびっくりだった。
スタート直前、緊張感でピリピリムードの選手たちが並ぶ中、
ひとり、おどけたようなパフォーマンスをして、
リラックスした様子のボルト選手は本物だと思った。
ゴール直後、日本のカメラに向かって、「I’m №1」と
言ってる姿が、なんだかオチャメだった。
ボルト選手は、196㌢という長身のため、身体にかかる負荷も大きく、
故障を繰り返してやっとたどり着いた五輪金メダルだと聞いた。
悔しい思いをしてきたからこそ、そのパワーを五輪で爆発できて良かったと思う。
最高の結果になったことに感動した。
ただ、2位、3位の選手が、ボルト選手を追うことに躍起になったのか、
隣のレーンに踏み込んでしまうというミスを犯し、残念ながら失格となった。
4位以下の選手が繰り上げという結果になったのは、まさかだった。
ウイニングランで、お互いの栄光を称えあってる時に、
失格を告げられ、ホント寝耳にウォーターって感じだったと思う。
失格は認めざるを得ないけど、これは痛いミスだわな・・・。

男子棒高跳び 澤野大地選手の予選落ちは残念だった。
昨年の世界陸上では、アクシデントにより一度も飛べないまま
無念の結果になったので、今度こそはその雪辱を晴らして欲しかった。
上位12人が予選通過という条件の中、最後の1枠を争う形となり、
相当なプレッシャーがあっただろうな。
精神を集中させ、「跳べる」と自分に言い聞かせてる姿が印象的だった。

男子5000m予選では、松宮隆行選手がレース前半に隣の選手とぶつかり、
片足の靴が脱げてしまうというアクシデントが起こった。
「あちゃ~、やってしもたか・・・」と、ハラハラしながら観ていたが、
靴が脱げて、最後尾になっても必死でゴールまで走り切った姿には感動だった。
左右のバランスも取れないし、足も痛めたんじゃないかな。
「靴が脱げても、脱げなくても結果は同じだった」と爽やかに話す松宮選手に
好感が持てた。
悔しいも思いは消えないだろうけど、結果を受け止めてる
前向きな姿がカッコ良かった。

今夜は、女子ソフトボール 日本VSアメリカの決勝!
目の前まで来てる金メダルのチャンスを絶対ものにして欲しい。
しかし、上野選手はカッコいい!

08/18/15:53  気合だ、気合だ、気合だ~!

北京五輪9日目

女子レスリング63㌔級 伊調 馨選手 金メダル
女子レスリング72㌔級 浜口京子選手 銅メダル
獲得おめでとうございます。
姉・千春選手の分まで頑張った馨選手には泣けた。
前日に、千春選手が銀メダルで終わり、
姉妹で金の夢が果たせなかったので、
戦っても意味がないと、馨選手は試合を辞退しようかとも考えたそうです。
でも、千春選手の励ましにより、千春選手の悔しさを胸に、
全身全霊でぶつかっていった結果が見事に金メダルとなった。
本当に、素晴らしい姉妹愛だと思う。
2人でひとつ!
嬉しいことも苦しいことも2人で分かち合って来た姉妹の姿に感動した。
今朝のニュースでちらっと聞いたんだけど、姉・千春は引退して、
遠距離恋愛していた彼と結婚することを決めたそうです。
いや~めでたい!
そして、浜口選手の銅メダルは本当に嬉しかった。
誤審や、相手の攻撃に負傷したりと、自分の力ではどうすることもできない
不運続きで、私的にも京子ちゃんにはものすごく思い入れがあり、
本当にいい試合が出来て良かったな~って思う。
京子ちゃんは、きっとメダルの色にはこだわってなかったと思う。
自分の力を出し切った結果にメダルが付いてきたのが
嬉しかったんじゃないかな。
準決勝では、完全に相手の方が上だったし、自分の力に納得した上で
銅メダルを獲得できたことに喜んでいたのが、すごく共感できた。
最高の笑顔に感動した。
ちなみに、父・アニマル浜口さんのリアクションが若干控えめだったのは、
事前に座席が決められており、そこから前に出ないように
係りの人が監視していたそうです(笑)
確かに・・・厳戒態勢の会場で暴動が起きると大変だからね。


女子マラソンは、
土佐礼子選手 棄権
中村友梨香選手 13位 
という結果になった。
しかし、野口選手の欠場で、こんなに波乱が起きるとは・・・。
土佐選手も万全とは言えないコンディションでレースに臨むのは、
ものすごく不安があったと思う。
でも、故障のことは最後まで言わなかった土佐選手のアスリート根性は凄い!
野口選手の欠場があり、言えなかった部分もあったと思うけど、
激痛の中、よく頑張ったなって思う。
コースから外れて、スタッフに抱えられている土佐選手の無念さに
悔し涙が出てきた。
中村選手は、初めての国際大会、しかも五輪で立派な結果だし、
これから、どんどん経験積んで伸びる選手だと思う。
中村選手はレース後に、メダル獲得をストップさせてしまったと悔やんでいた。
力の限り頑張って、こんなコメントを言わないといけない程、
マラソンへの期待が、中村選手に重圧をかけていたんだな~って感じた。
アスリートにとって、故障は付き物だと思うし、一生付き合っていかないと
いけないものなのかもしれない。
でも、五輪直前に故障してる選手が多く、本番で力を出し切れないのが
一番悔やまれる。
野口選手は、五輪までの4年間に2日しか休みがなかったと聞いた。 
それは、追い込むすぎちゃうか~。
確かに、勝つためには明けても暮れても、ものすごい練習を重ねて、
レベルアップをしないといけない。
でも、強度の練習を重ね過ぎて身体を痛めてしまっては意味がない。
本番に向けて、故障しない身体の土台造りが大事なんだと思う。
しかし、金メダルを獲ったとトメスク選手は、圧倒的にすごかった。
38歳、一児の母って・・・最強だわ~。
30代の日本選手団にも、いい刺激を与えてくれたんじゃないかな。
ヌデレバ選手と、周選手のゴール直前の銀銅メダル争いは燃えた~。
ヌデレバ選手の最後の追い込みには、圧巻だった。

男子ハンマー投げ 室伏広治選手は、残念ながら5位に終わった。
あと一歩、いつもの勢いがないように思った。
2投目に80m超えを出して以降は、記録が伸びず苦い表情が気になった。
五輪直前に痛めた腰をかばっていたのかもしれない。
メダル獲得は叶わなかったけど、競技終了後の清々しい表情に
スポーツマンらしい室伏選手の姿を感じ、胸が熱くなった。
海外の選手たちと笑顔で言葉を交わしたり、
海外メディアのインタビューに答える場面もあり、
英語なのか・・・とにかく、室伏選手が外国語がしゃべれることを始めて知り、
さらにカッコいいアスリートの姿を見せてもらった。


女子100m決勝もすごかった。
ジャマイカ勢のワン・ツー・ツーフィニッシュは奇跡的な展開だった。
同着2位と言う記録は滅多に見れないと思う。
男子100mで、ボルト選手が金メダルと獲ったのをきっかけに、
五輪陸上はジャマイカ勢が熱いぜ!