忍者ブログ

心に大宇宙☆

ENDLICHERI☆ENDLICHERI 堂本剛さんの応援ブログ☆基本ジャニ好きの独り言!
04 2020/05 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 06

05/27/12:13  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

08/21/21:36  世界最速男に感動!

北京五輪12日目

燃えに燃えた五輪も、いよいよ終盤!
昨夜は、男子200m決勝でウサイン・ボルト選手の
ぶっちぎりの走りに鳥肌が立った。
世界新記録19.30秒での2冠制覇は、マジですごい。
1996年にマイケル・ジョンソン選手が19.32秒という世界記録を出して以来、
12年間、誰も破ることができなかった記録を
軽~く超えてしまったというのは、本当にびっくりだった。
スタート直前、緊張感でピリピリムードの選手たちが並ぶ中、
ひとり、おどけたようなパフォーマンスをして、
リラックスした様子のボルト選手は本物だと思った。
ゴール直後、日本のカメラに向かって、「I’m №1」と
言ってる姿が、なんだかオチャメだった。
ボルト選手は、196㌢という長身のため、身体にかかる負荷も大きく、
故障を繰り返してやっとたどり着いた五輪金メダルだと聞いた。
悔しい思いをしてきたからこそ、そのパワーを五輪で爆発できて良かったと思う。
最高の結果になったことに感動した。
ただ、2位、3位の選手が、ボルト選手を追うことに躍起になったのか、
隣のレーンに踏み込んでしまうというミスを犯し、残念ながら失格となった。
4位以下の選手が繰り上げという結果になったのは、まさかだった。
ウイニングランで、お互いの栄光を称えあってる時に、
失格を告げられ、ホント寝耳にウォーターって感じだったと思う。
失格は認めざるを得ないけど、これは痛いミスだわな・・・。

男子棒高跳び 澤野大地選手の予選落ちは残念だった。
昨年の世界陸上では、アクシデントにより一度も飛べないまま
無念の結果になったので、今度こそはその雪辱を晴らして欲しかった。
上位12人が予選通過という条件の中、最後の1枠を争う形となり、
相当なプレッシャーがあっただろうな。
精神を集中させ、「跳べる」と自分に言い聞かせてる姿が印象的だった。

男子5000m予選では、松宮隆行選手がレース前半に隣の選手とぶつかり、
片足の靴が脱げてしまうというアクシデントが起こった。
「あちゃ~、やってしもたか・・・」と、ハラハラしながら観ていたが、
靴が脱げて、最後尾になっても必死でゴールまで走り切った姿には感動だった。
左右のバランスも取れないし、足も痛めたんじゃないかな。
「靴が脱げても、脱げなくても結果は同じだった」と爽やかに話す松宮選手に
好感が持てた。
悔しいも思いは消えないだろうけど、結果を受け止めてる
前向きな姿がカッコ良かった。

今夜は、女子ソフトボール 日本VSアメリカの決勝!
目の前まで来てる金メダルのチャンスを絶対ものにして欲しい。
しかし、上野選手はカッコいい!
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL