忍者ブログ

心に大宇宙☆

ENDLICHERI☆ENDLICHERI 堂本剛さんの応援ブログ☆基本ジャニ好きの独り言!
04 2020/05 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 06

05/27/10:44  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10/24/11:31  今さらですが・・・

青木さやかさんが、3歳年下のダンサーさんと電撃結婚!
入籍はまだのようだけど、幸せな結婚生活を送ってくださいね。
出会って半年で結婚か~運命的な縁ってスゴイね。
いつ、どこに素敵な縁があるか分からないから、人生って面白い。

某音楽ファイターで、
青木さんは、ケリーさん本人を目の前に、
「似たもの同士」とか、「付き合っちゃう?」なんて、
ちょけてたこともあったね~(笑)
そんなことを思い出してしまった。

とにかく、末永くお幸せに・・・
女芸人さんは、男が出来ると面白くなくなるって噂があるけど、
そんなの関係ね~って勢いで、これからもガンガン飛ばしてくださいね。
きっと『ロンドンハーツ』で、青木さんイジリ(祝福)企画があると思うので、
そちらを楽しみにしたい。

ロンブーと言えば、
既婚者である亮くんが、ある番組で結婚について語られていた。
亮くんは、元モデルの彼女と出会って半年で子供が出来て
結婚に至ったという流れ。
30歳を過ぎて結婚を意識し始め、次に出会った人と絶対結婚するって
自分の中で決めてた時に出会ったのが今の奥さんだったそう。
子供を作ったのはある意味、意図的であったと告白されていた(笑)
男性も、そういうこと考えるんやな~って思った。
彼女のご両親に挨拶に行く時、玄関前でほんとに吐きそうになったって話は
思わず笑ってしまったけど。
田舎の1人娘さんを嫁にもらうのに、金髪で挨拶に行った亮くん。
ご両親は、さぞかしビックリしたやろな~って言われていた。

既婚者の先輩、亮くんからアドバイスなんてしてもらったりするのかな~?
青木さやかさん、ご結婚おめでとうございます!
負け犬キャラのタレントさんたちが、
どんどん幸せになっていくのは嬉しいもんです。
PR

10/11/17:23  お笑い芸人ランキング

以下のランキングは、ネット上の番組表サイト「ONTV JAPAN」で
お笑い芸人の出演情報を検索して算出したものです。
ネタ元「週刊文春」より

【1週間でテレビの出演回数が多い芸人ランキング】

 1位 久本雅美さん                 15回 
   2位 タカンドトシさん               14回
   3位 加藤浩次さん          10回 
   4位 オリエンタルラジオさん       8回
 4位 キングコングさん         8回
 4位 青木さやかさん                 8回
 4位 ザ・たっちさん           8回 
 4位 土田晃之さん           8回
   9位 劇団ひとりさん          7回
 9位 ナインティナインさん          7回
 9位 次長課長さん           7回
 9位 チュートリアルさん        7回
 9位 にしおかすみこさん           7回
 9位 南海キャンディーズさん     7回
15位 爆笑問題さん            6回
15位 ビビる大木さん             6回
15位 山口智充さん             6回
15位 ロンドンブーツ1号2号さん   6回
15位 ペナルティさん             6回
15位 友近さん                         6回 

1位のマチャミは、分かる~。
ここ何年も、マチャミの勢いは衰えないって、どんだけ~。
オシャレだし、トークも上手いし、下品なキャラを演じてても
どこか女らしいところが好感度大です。
あれ~このランキングを見ると、
今、バラエティーに出まくりの「そんなの関係ね~」が入ってないけど。
やっぱりレギュラー番組を何本も持ってる芸人さんが
ランクインするってことかな。
「おっぱっぴ~」は、バラエティーの企画にちょい役で出るくらいだしね。
今、お笑い界は、まさに下克上の時代!
どれだけ生き残れるかが勝負なので、きっと1年・・・いや半年後くらいに
同じランキングを発表したら、面子が変わってるんだろうね。

意外にも(?)にしおかすみこさんが、いい位置に付いてるね。
にしおかすみこさんの、黒髪ロングはカツラで、
地毛は金髪にピンクメッシュのショートヘアらしいです。
地毛に合わせて、ニューバージョンのカツラも作られたようで、
最近、ちょくちょく見かける。
『正直しんどい』の収録でも披露してくれてるよね。
ちなみに、にしおかすみこさんは、この前テレビで32歳だと言われていた。
いや~三十路を過ぎて、あのボンテージは、どんだけ~。
すごくお似合いです!
カンツォーーーーネ!!

08/30/17:18  そんなの覚えてね~!

先日の『24時間テレビ』での、噂のKY芸人さん事件(笑)について、
ナイナイ岡村さんがラジオで語られていた。
岡村さんが、スタジオでたまたま、KYさんを見かけて、
「24時間、どうやった?」と聞いたところ、
KYさんは、「その時の記憶がありません・・・」と、
少し元気なさげに答えてくれたそう。
KYさんは、相当なダメージを受けてらしたもよう。
まさに「下手こいた~」って感じかな。
まぁ、若手芸人に、KYはよくあることだし、岡村さん自身も若手の頃に、
明石家さんまさんの前で、大失敗した経験があるそうで、
そんなこと気にするな、と応援されていた。

まぁ、お約束のシーンを覆す笑いとして、あの場の空気は面白かったけどね。
しかも、周りの芸人さんたちが、退いてたのが笑えた。
爆笑問題さんは、その空気がたまらず、そっと画面から消えたらしいけど。
岡村さん曰く、リーダーが、KYさんの背中にお湯をかけてるにもかかわらず、
まだネタを続けてるのにキレていたという話(笑)
その時の事情を聞くと、若手のKYさんは、あの音楽が流れてきたので、
ネタをやることに夢中になってしまい、「熱い」というリアクションをすることを
すっかり忘れてしまってたよう。
確かに若手にはありがちかもね・・・。
KYさん事件の後に、タキツバが「熱い」というリアクションを取るんだけど、
ほんまは熱ないやんか~ってことになるので、それが岡村さん的には、
見ていて、たまらまく可愛そうになったらしい。

まぁ、ある場所のコメントにも少し書いたけど、
KY芸人さんよりも、私はダチョウ倶楽部さんのリアクション芸のすごさに、
注目してしまった。
熱湯ではないのに、いかにも「熱い」っていうリアクションをするダチョウさんは、
本物のお笑い芸人魂を感じる。
おでんは、マジでグツグツ煮えてるし、あれは本気で「熱い」だろうけど(笑)
ダチョウさんと言えば、体を張った仕事が多いもんな~。
「どうぞ、どうぞ」とか、ここで来るな~って分かってても、思わず笑ってしまう。
まさに、リアクション芸の宝石箱や~。
子供の頃、『熱湯CM』を見ていた記憶では、体がほんとに真っ赤かになってる
のを必死に氷で冷やしてた姿を覚えてるので、
『24時間テレビ』での復活版では、そこの違いが分かるのにね。

このKYさん事件により、世の中にKYという言葉が浸透したのは、間違いない。
KY内閣の話題をきっかけに、会社の上司まで使うようなったし・・・。
誰が使おうが、そんなの関係ね~!って感じ。
これは、今年の流行語に、KK(食い込んで、来そう)な気配がする。

06/05/11:53  松っちゃんマニア!

ダウンタウン松っちゃんの初監督映画、『大日本人』が、
先週土曜日より公開になった。

この映画のストーリーは、
ひとりの男がインタビューを受けているシーンから始まる。
男の名は大佐藤大(だいさとう まさる)
高圧電流によって巨大化する特異体質を代々受け継ぎ、
国民の反感や辛い家庭の事情を背負いながらもヒーロー「大日本人」として、
日本を守って生計を立てているという内容になっている。

う~ん・・・いかにも松っちゃんらしいストーリー展開だと思う。
映画を観た人の感想をちらほら聞くと、「意味が分からん」らしい。

確かに、松っちゃんの世界観って独特で、シュールな部分があるので、
この映画は、賛否両論があると思う。
元々、松っちゃんの世界観って理解されにくい所があるし、
万人ウケするタイプではないと思う。
例えば、『ひとりごっつ』の松っちゃんを面白いと思うか、
理解できないと思うか、それは人それぞれであるように。
でも、私は、そういう笑いの世界観が好きで、松っちゃんをリスペクトしている。
才能があるからこそ、個性的な作品が生み出せるんだと思うし、
あの独特な空気は松っちゃんにしか醸し出せないと思う。

私は、ダウンタウンの番組を見て子供時代を過ごした。
関西の夕方と言えば、ダウンタウン司会の『4時ですよーだ』が楽しみだった。
(関西ローカルすぎてスイマセン・・・)
『夢で逢えたら』、『ごっつええ感じ』、『ガキの使い』(これは今でも放送してるかな)
など毎週欠かさず見ていたし、その頃番組に出ていた芸人さんたちも、
ずっと応援している。
今は、女優として活躍されてる篠原涼子さんや、YOUさんなんかも、
ダウンタウンの『ごっつええ感じ』でコントをしてたんだから、
そう思うと歴史を感じるな~。

『ごっつええ感じ』はレンタルDVDを借りて見たことあるけど、
時代が流れた今、当時のコントを見てもやっぱり面白い。

ここから、若干、マニアックになるけど・・・
当時、『ごっつええ感じ』のコントで、
松っちゃんが演じてたキャラ【Mr.BETTER】の
「パーティ行かなあかんねん」ってフレーズが地元でごっつ流行った。
やっぱり関西の子供は即、ネタを使おうとするのが笑えるわ。
あと、私的に、板尾さんが笑いのツボで、
【板尾係長】、【シンガー板尾】のコーナーが好きだった。

私が笑いの巨匠だと思うのは、
島田紳助さん、明石家さんまさん、そして松本人志さんである。
この、お3かたは、笑いにもどん欲だし、人をイジることが抜群に巧い!
この方たちが出演されてるレギュラー番組は、
ほとんど見せてもらってるけど、内容的には、
何でもないクイズ番組や、トーク番組や、音楽番組である。
でも、この方たちが司会をすることによって、番組がごっつ盛り上がるし、
何よりも、ゲストに毒を吐いても、全然イヤミじゃなく、それが笑いにつながる。
頭の回転が早いし、即座にボケられるところは尊敬に値する。
ホンマ天才的やと思う。
しかも、イジられたゲストは知名度が上がったり、
他の番組でもイジられキャラが定着したり、
非常にオイシイ役回りになる。
例えば、某番組で紳助さんに、よくイジられる方は、今かなりブレイクしつつある。
その元祖と言えば、磯野貴理さんになる訳だけども(笑)

まぁ、とにかく笑いの巨匠は、凡人でないことは確かである。
話は、映画に戻るけども、凡人でない方が、映画を製作する訳だから、
簡単に理解できたのでは面白くない。
『大日本人』は、すごく興味があるし、是非見てみたいと思う。
たぶん、この映画は頭で理解して楽しむものではなく、
それぞれが心で感じて楽しむ映画だと思う。

06/01/13:55  『マンスリーよしもと』より・・・

毎年恒例の、男前ランキング、ブサイクランキングが発表された。

●吉本芸人 男前ランキングベスト10

  1位 次長課長 井上聡さん
  2位 麒麟 川島明さん
  3位  オリエンタルラジオ 藤森慎吾さん
  4位  キングコング 西野亮廣さん
  5位  ロザン 菅広文さん
  6位  オリエンタルラジオ 中田敦彦さん
  7位  フットボールアワー 後藤輝基さん
  8位  ザ・ちゃらんぽらん 藤原一裕さん
  9位  ザ・ちゃらんぽらん 井本貴史さん
10位  インパルス 板倉俊之さん

●吉本芸人 ブサイクランキングベスト10

  1位   南海キャンディーズ 山ちゃん
  2位   ブラックマヨネーズ 吉田さん
  3位   カリカ 家城さん
  4位   ペナルティ ワッキーさん
  5位   とろサーモン 久保田さん
  6位   天津 向さん
  7位   千原兄弟 靖史さん
  8位   品川庄司 品川さん
  9位   ほっしゃん。
10位   次長課長 河本さん


ちなみに、
チュートリアル 徳井さん、
フットボールアワー 岩尾さんは、
3年連続1位を獲得し、殿堂入りしたためランキングに入ってないらしい。

今年は、男前、ブサイクとも、知らない方が何人かいる。
芸人さんはこれを笑いのネタにしてるけど、
これって、大きなお世話やんな~って毎年、思う。
ていうか、イジるにも中途半端な方もいらっしゃる(笑)

私の好きな次長課長 河本さんがブサイク10位だって~!
ほっしゃん。は可愛い顔してると思うけどな~。