忍者ブログ

心に大宇宙☆

ENDLICHERI☆ENDLICHERI 堂本剛さんの応援ブログ☆基本ジャニ好きの独り言!
04 2020/05 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 06

05/27/12:07  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12/10/15:47  決勝進出!

12/23(日)M-1グランプリファイナルに向けて、
以下の決勝進出者8組が決まった!

キングコング、ハリセンボン、ザブングル、ダイアン、千鳥
トータルテンボス、POISON GIRL BAND、笑い飯

なるほど・・・納得のコンビが残ったな~って感じがする。
個人的には、「キンコン」に期待したいけど、
毎年、惜しいところで優勝を逃してしまう「笑い飯」も応援したい。
「千鳥」も、あと一歩のところで、敗退してしまうので、
こちらも気になる。
そして、ふと見てみると、「麒麟」の姿がないじゃな~い。
今年は、何かと話題になったし、楽しみにしてたんだけどね。
準決勝で敗退してしまったか・・・残念。
今年も、ドキドキしながら、テレビに食付いてるんだろうな~。


昨日、『情熱大陸』でチュートリアルの特集をしていたけど、
漫才のネタは納得するまで、下ろさないというこだわりの姿も垣間見れて、
お笑いに関しては妥協しないっていうプロ意識はすごいな~って思った。
いざ舞台へ出て、ネタを披露したところで、それはお客さんの反応しだいで、
出来のいいネタにも、出来の悪いネタにもなる。
漫才も、生ものであり、その時の反応に左右される。
西野さんのブログでも、ネタを作る時の葛藤などを書かれていたりするけど、
お笑いの舞台裏も、ものすごいエネルギーがいるんだな~って思った。
PR

無題

ファイナル進出の半分は知っていて、半分は知らない方たちです。「笑い飯」は、しんどいでしか見たことがないので、ネタは見たことないんですけど、毎年惜しいところで優勝を逃してしまうってことは、芸達者な方たちなんですね~。キンコンの漫才もあまり見たことないんですよね~。でも、西野くんの漫才に賭ける熱い気持ちを読んでると、頑張って欲しいなあって思います。

麒麟は、紳助さんが「田村の本が売れて、漫才が怠慢になった」と指摘してたみたいですよ。やっぱり、神経を集中させてないと、お笑いの世界も厳しいんですね~。

ケリーを見ていて、アーティストの歌への厳しいプロ意識を感じられるけど、それはそのまま芸人さんにとってのネタも同じなんでしょうね。ほんとに生き残れる人たちは、ひと握り。売れたとしても、旬でいるためには、どんどん成長していかないと飽きられるし。厳しい世界なんだろうなって思います。

皆さん頑張って欲しいですね!

  • 2007年12月11日火
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL